風俗旅行で得るものとは

風俗旅行に出れば人生にとってかけがえのない体験ができること請け合いです。

◯地方の風俗と本番

地方の風俗は本番ができる店が多いことで知られています。
これは地方は中央ほど風俗店のジャンルが細分化されていないことが理由です。
ヘルスだろうがなんだろうが本番をしない風俗は風俗じゃない、という意見は多いです。
確かに法律的に売春は認めていないだとか、ソープは公衆浴場でたまたま女の人が一緒にいるだとか、いろいろな言い訳をしながら我々は風俗を楽しんでいます。
しかしやはり本番が風俗の醍醐味であることは間違いありません。
江戸時代の風俗を思い出して下さい。
吉原に行って門をくぐり、本番をしないで出てくるような輩は男だとはいえません。
その流れの末裔といえる風俗の徒は本番をするために風俗にいきます。
そうなると脇の甘い風俗嬢が多い地方のヘルスは狙い目だといえます。

ヘルス嬢としても本番をするほうが楽だ、という声が多数を占めます。
彼女らもいちいち口でやったり上に乗って擬似性行為をすることに飽きているということが理由として挙げられます。
そんなときは「さっさと入れて勝手に果てて」「たまにはこちらも快感を味わいたい」と考えているのです。
なので風俗嬢が疲れている時も本番の狙い目だといえます。
出勤して間がない時ではなく、一般の人が眠くなるような時間帯を狙って本番を挑みましょう。
本番が当たり前になっている地方ではすぐに応じるキャストが多いです。
ただし、金銭を要求してくるヘルス嬢もいるので注意が必要です。
彼女らは金を奪いつつ店に通報して本番を強要されたと騒ぐことがあります。
こうなると風俗店VS自分の戦いとなります。彼女らと店のスタッフはグルなので、なかなかに勝ち目がない性的な戦いへと発展します。
しかもコンドームなど証拠品を突きつけられたらひとたまりもありません。
そのようなときは頭が狂ったふりをして店を出て行くのがいいでしょう。
そうなったらスタッフも風俗嬢も細かく問い詰めては来ないからです。
こういったことも地方の風俗の醍醐味だといえるでしょう。

◯地元の風俗の特色とは

地元の風俗だと同級生が働いているところに出くわす場合があります。
これを「やった」と喜ぶか「おいおい」と悲しむかはその女性との相性次第です。
「昔からこの女を抱きたかった」「こいつとはプレイしたくない」「誰だっけ」などと双方の出方によって様々な展開が訪れます。
それを楽しいと感じる人もいれば、最悪だと思う人もいるでしょう。
しかしどのような展開なのかを予想できないのが風俗の面白さなのです。