温泉街風俗がある福井について

日本海側に位置し北陸という地域のくくりの中に入る福井県。土地の面積もあまり広くなく自然にあふれている立地のため、東京や大阪などに比べると人口密度は低い。そして北陸の中でも関西に近い場所にあるため、関西弁に近い方言を話す人も少なくない。そのため地方にありがちなのんびりとした気質ではなく、お金にもうるさいしっかりした県民性である。また原発が最も多い県としても知られており、災害時などに不安が残る面もある。

この福井県で多くの人に食べられているのが、どんぶりご飯に千切りキャベツを敷き詰めその上にサクサクのチキンカツを乗せたソースかつ丼。福井県内ではこれを中心に提供している定食屋やチェーン店が存在し、中心部である福井駅周辺など様々なところで味わうことができる。必要に応じてソースをかけるところ、元々ソースに浸したカツを乗せるところなどお店によって提供の仕方は様々。手軽に食べられそうでなかなか他の地域では味わえないご当地グルメだ。また敦賀などの地域では越前ガニも有名。身がプリプリしていてほんのり甘みのあるカニ。ややお値段はかかってしまうが福井県を訪れたときには、是非食べておきたい絶品グルメのひとつだ。

また福井県は高校野球において、最近目覚しい活躍を見せている県でもある。それを牽引しているのは2015年の選抜大会で優勝を果たした敦賀気比高校。近年は出場する度に上位に進出することも多く、多くのプロ野球選手を輩出している実力校だ。私立であるため福井県内ではなく京都など関西方面からの越境選手も多いが、福井出身選手も活躍していることもありそこまで地元で嫌われた存在ではないようだ。

そんな福井県は県内含めても風俗店が30店前後と、決して多くはない数字となっている。そしてその多くが福井市近辺で営業しているデリヘル店。ただアジア圏の女の子を取り揃えたお店、かわいいギャルが多いお店など粒ぞろいという評価。お店自体が多くない分そこに容姿の良い女の子が集まっているとも言える。そして全体的にリーズナブルな価格設定のお店が多いことも特徴のひとつだ。またアクセスが良いとは言えないが、敦賀などからは関西方面まで電車でもそこまで遠くない。大阪の梅田・難波などで風俗を楽しんだ後に、福井の温泉や料理を楽しむということもできるのだ。そのため福井県に観光や出張で来たときは福井市のお店を利用する、ちょっと範囲を広げて関西まで行くという選択ができるだろう。また福井は温泉街やそこにある風俗も多いので、一度は利用したい地域といえる。

関連記事

全国の温泉街で遊べるデリヘル

北関東への風俗旅行で行きたい高級デリヘル

北海道温泉街風俗と地域の繁華街

温泉街風俗と成田デリヘル

温泉街風俗とエロの歴史

香川の風俗について