温泉街風俗とメンズエステ

この度温泉街で良い風俗店を発見した。生粋のメンズエステ狂い(まだ乳飲み子のうち、父母の名より先にメンズエステと叫んだほどであり、メンズエステへの欲求は魂に刻まれているのだ)である小生の考えからすると、おあてがいの風俗では、その人その人に当てはまる完全に満足できる滋養あふれる射精は得られるものでないと判断している。おあてがいの風俗で射精する受け身の風俗狂い諸氏は、風俗生活七十年、自分が心底から好むメンズエステ嬢でのヌルヌル全裸回春射精をもって、日々の気持ち良い毎日ときんたまの健康を作る滋養としている小生とは大分かけ離れているようだ。私は風俗代の高い安いとか、名目とかには決して囚(とら)われないようにしている。大事なのは自分が心から行きたい風俗にかよっている、ということである。
これでこそきんたまとおちんちんに完全なる栄養は摂れ、ザーメンの健康が保たれるのだと確信している。その証拠に亀頭翁といわれる今日まで、小生は性病を知らない。ヘルペスとかカンジダとかメジャーどころはじめとしてAIDSまで、およそ性病と称するものはなに一つ患ったことがない。うまい風俗嬢を食って、やりたいだけやる。野獣の自然生活にすこぶる似ているのが小生のメンズエステ生活のあけくれである。
早寝オナニー、遅起きオナニー、昼寝オナニー好き、八時間以上十二時間は夢精しっぱなしである。眼が覚めたとなれば常人の幾倍かのオナニーをする。毎日自家の湯でデリヘル嬢をデリってヌルヌル全裸回春メンズエステプレイ第一番に入る。湯から出れば間髪を入れずローションの小壜(びん)を114514本痛飲する。無人境に近い山奥の一軒家においてであっても、このような射精満喫生活が可能なのである。目に見るものは虚飾のない自然のままの山野とか混浴露天風呂(山野全体的にメンズエステ狂いが潜んでいて、山奥の温泉ででもヌルヌルローションメンズエステプレイが行われている)であり、家の中は最高に近いソープ環境である。他は、バター犬であり、猫ちゃん(かわいい。猫は最高に可愛いよね。猫画像gifとか見ながら一日過ごせる。メンズエステ嬢も猫は大好き)である。野鳥はのびのびとズコバコ盛って子作りしている。このように、小生の周辺には小生の円満射精生活の健康を害するようなものはなに一つない。小生の健康なきんたまはこんなところやメンズエステから作り出されているのかも知れない。
山鳥のように素直なメンズエステ欲求生活でありたい。太陽が上がって目覚め、日が沈んで眠る山鳥のように自然にメンズエステを求めて射精し、ローションに包まれて眠りたいのだ……。温泉街でそういった風俗店を見つけられて本当に良かった。

新大久保メンズエステ「アロマバンビ」はこちら

関連記事

北関東への風俗旅行で行きたい高級デリヘル

温泉街にあるソープについて

温泉街風俗とすすきのの特徴について

北海道温泉街風俗と地域の繁華街

岐阜の風俗と温泉街

風俗旅行にオススメな富山について