お気に入り風俗嬢から心が離れるとき

定期的に風俗店を利用している風俗ユーザーの中にはお気に入りの風俗嬢がおり、本指名などで月1回など間隔を決めて通っていることも少なくない。ただ最初の方は容姿・性格・接客・テクニックなど全てにおいて気に入っていたため通うのも楽しかったが、段々と会う回数が増えてくる毎にその子に飽きを感じてしまうこともあるだろう。ここではどのようなときにお気に入り嬢に対して飽きを感じ、徐々に疎遠になっていくのかについて書いて行こうと思う。

○顔や身体の劣化を感じたとき

もしそのお気に入り嬢を気に入った理由が容姿という部分が大きいのであれば、飽きを感じるのはその容姿に陰りが見えたときだろう。

何年という単位で人と付き合っていればその人の外見が変化する可能性は高い。スポーツマンであっても引退し数年経つとびっくりする位ふっくらとしている場合も多いなど、男性であっても外見が変わってくるという人も少なくない。女性はそれよりも外見が変化する場合は多く、ケアをしている場合でも顔のシミやシワ・お腹周りなどの肉付き・肌のハリのなさなどが目立ってくることもある。そうなってくると頭の中ではしょうがないと分かっていても、好きになったときから姿が変わってしまっているため気持ちの部分では許せなくなってしまう。

そのようにお気に入り嬢の容姿に劣化を感じた瞬間に、彼女から心が離れていってしまうことも少なくないのだ。

○プレイやサービスに飽きてしまう

お気に入り嬢とのプレイやサービスといった部分が好きで通っている場合は、何度もそれを体験することで徐々にその部分に飽きを感じてしまうことがある。

濃厚なサービスや自分と噛み合ったプレイなど初めて女の子と遊んだ際は、その新鮮さも相まってその風俗嬢のことを気に入る。そしてそんなプレイやサービスをまた味わいたいと思い定期的に利用し、いつの間にかお気に入り嬢として何度も遊ぶという関係になる。

しかし最初はインパクトの残ったその子とのプレイであっても、何度もそれを行うことで徐々に新鮮味がなくなりゆくゆくは飽きにつながってしまう。特にその間に遊んだ他の女の子が、お気に入り嬢よりもプレイやサービス面で濃厚であればそちらに目移りしてしまうことも考えられる。そうなってくるとお気に入り嬢と遊んでいても、心の中では「あの子の方が良かった」と感じ心から楽しめなくなるだろう。

このように何度もお気に入り嬢と遊ぶことによって、最初は衝撃的だったプレイやサービスに飽きを感じてしまうと女の子から気持ちが離れてしまう。

関連記事

NO IMAGE

地雷風俗嬢でも楽しむ方法

NO IMAGE

一般社会と使用済み下着ユーザーにおける香水