鬼怒川温泉 温泉街風俗

鬼怒川温泉 温泉街風俗事情について

全国的にも有名な栃木県の鬼怒川温泉における風俗事情について説明しています。

鬼怒川温泉 温泉街風俗店一覧

鬼怒川温泉で呼べるデリヘル

・アモーレ
・キャンディーハート
・美人社長秘書
・Sexy Graffiti
・妹コレクション
・巨乳性感ヤマト

鬼怒川温泉で呼べるメンズエステ

・治療院.NET 宇都宮店
・AROMA ROUGE

関東を代表する温泉街のひとつである鬼怒川は、ピンクコンパニオンを呼んでキレイな女の子と遊べる宿が多いです。また昔は赤線地帯であり、そのときの建物が残っているため、風俗跡地の散策を楽しむことが可能です。

鬼怒川温泉 温泉街風俗の良い点

1.容姿端麗なピンクコンパニオンと遊べる

鬼怒川温泉における女遊びで盛んなものとして挙げられるのがピンクコンパニオンです。
宿泊先の旅館の大広間などに呼び、お酒を注いでもらう・隣で会話を楽しむ・歌や踊りを堪能するといった楽しみ方があります。
ピンクコンパニオンは1人で3時間53,000円以上など金額は高めに設定されており、男性の人数が多いほど料金もお得になるため、宴会で利用されることが多いです。
ガールズバー・キャバクラ・高級クラブにいるようなレベルの美女も多いので、利用することで旅の良い思い出をつくることができます。
店・女の子によってエロい遊びができるので、お金に余裕がある・定期的に鬼怒川に来る方は風俗的な遊びができるピンクコンパニオンを探してみても良いでしょう。

2.低価格で利用できるデリヘルが多い

鬼怒川温泉では、宇都宮・小山など県内の歓楽街にあるデリヘルを利用することができます。
利用できるお店の中には75分13,000円からなどリーズナブルな料金のところも多いので、観光でお金を使ったときでも気軽に利用することが可能です。
ただ近隣にはラブホテルやデリヘルを使えるホテルはほとんどなく、利用する場合は温泉街から少し離れた日光エリアにあるラブホテルになることを頭に入れておくと良いでしょう。

3.昔の赤線地帯を探訪できる

日光の先にある山の中にある鬼怒川温泉は、戦後まもなくといった時期には赤線地帯としても知られていました。
温泉街の外れや少し離れたところには、その頃から残っているようなレトロな建物も多いです。
そのため遊郭跡地など、昔の風俗文化が残る場所を散策するのが好きな方にオススメできます。

鬼怒川温泉 温泉街風俗の注意点

1.裏風俗はほとんど存在しない

温泉街風俗では連れ出し喫茶・ちょんの間など裏風俗があることが多いですが、家族連れなど多くの観光客が訪れる鬼怒川温泉ではほとんど存在していません。
昔赤線地帯だった頃を思いさせる歴史のある建物はあるものの、今現在営業しているところは存在していません。
そのため近隣を歩き回って裏風俗を探すのも、徒労に終わるケースがほとんどです。

2.地元ならではの風俗はない

ピンサロ・ソープ・ヘルスなどの店舗型の風俗業種のお店が近隣にないことも、鬼怒川温泉の風俗におけるデメリットです。
県内のほかのエリアのデリヘル・メンズエステで女の子を呼んで遊べるものの、地元ならではの風俗を楽しむことは難しくなります。

3.観光メインな雰囲気の鬼怒川温泉

小さな子供・お年寄りなどを連れた家族旅行で訪れる人が多い鬼怒川温泉は、温泉に入る・近くの自然を堪能するなど観光メインの街という雰囲気が漂います。
この地域ならではの風俗が少ないだけでなく、風俗を利用しにくい環境であることもこの街の特徴です。

関連記事

関連記事がありません。