鳥取風俗旅行【皆生(かいけ)温泉】

鳥取風俗旅行【皆生(かいけ)温泉】

店名:ア・ズール
キャスト名:リリカ
T160・87(D)・59・88 27歳

皆生(かいけ)温泉の特徴

激安料金でソープを楽しめる皆生(かいけ)温泉。米子駅から路線バスに揺られながら20分の移動。そこは海岸が近くに温泉宿が建ち並ぶ、何とものんびりとした温泉街でした。旅行で来た高校生が歩く道の近くでソープ店のおじさんが呼び込みをしており、地域に溶け込んでいる感じがしましたね。

皆生温泉のソープは地域の古びた建物で営業しており、吉原や福原といったソープ街と変わりありません。呼び込みのおじさんも「うちに来てよ!」という勢いのあるものではなく、「良かったらどうですか」という大人しい感じ。また店に入ってパネルの中から女の子を選び、総額料金(今回は60分17,000円という激安価格)を支払うのは他のソープ街と同じシステム。ただ皆生温泉ではこのように低価格で遊べるお店が多いです。

親戚のお姉さんのような優しさに癒される


皆生温泉のソープでは優しいお姉さんと、充実した時間を過ごすことができました。今回選んだのは「ア・ズール」のリリカちゃん。Dカップバストに中肉中背というスタイルの彼女は、田舎にいる親戚のお姉さんを思わせるような優しい女の子でした。おっとりとした話し方は、一緒にいるだけで私を癒してくれます。そんな彼女と遊ぶのは趣のあるトルコ風呂の浴室に、大きなベッドのある広々としたスペースです。

まず浴室に移動して一緒に入浴していると、こちらを向いて私のムスコを「ジュボジュボ」と舐めてくれました。その後彼女とベッドに移動し、ゴムを装着して○番スタート。ビンビンになったムスコを彼女の中に○入し、○常位の体勢で腰を動かします。「アンッ」と大きな喘ぎ声を出しながら悶える彼女は、先ほどまでとは違って「オンナ」という感じ。そのまま絶頂に達した私は、トロンとした顔で見つめる彼女を見て満ち足りた気持ちになりました。

皆生温泉での風俗旅行を終えて


初めて利用した皆生温泉のソープでは、都会のソープ店とは違った体験をすることができました。60分で総額17,000円からという料金は、都内のソープに比べてかなりリーズナブル。穏やかな語り口の呼び込みも、観光地の優しいおじさんといった感じで好感を持てました。

今回遊んだ女の子は擦れていない感じで、変わらずこの街にずっといるのだと思わせてくれます。吉原のソープ店にいるようなキレイでテクニックのあるお姉さんも良いですが、どこか懐かしい雰囲気のリリカちゃんも個人的には良かったです。彼女のような女の子を抱くことで、その土地ならではの風俗を利用したような気分になれました。

関連記事

皆生温泉 温泉街風俗